四日市公害と環境未来館で初の合同学外実習(5/30)

5月30日(土)、総合政策学部と環境情報学部の2学部合同による「四日市公害と環境未来館」での学外実習が初めて行われました。参加者は、総合政策学部「環境政策」(担当教員:鬼頭教授)の受講生13名、環境情報学部「地域社会と環境」(同:神長准教授)の受講生10名、引率教員2名を加え、合わせて25名です。これら2つの科目はいずれも地域志向性の高い、学部の専門科目の一つです(※)

「四日市公害と環境未来館」はこの春にオープンしたばかりで、授業で学んだ以上に学生たちが四日市公害について理解を深められるよう企画されました。

午前中は合同でガイダンスビデオを観たのち、職員やボランティア解説員の解説つきで展示をじっくり見てまわり、その上で語り部による講話を聴くグループと、語り部の話から入るグループと二手に分かれました。

午後は、それぞれ与えられた課題をもとに、学生たちは館内を思い思いに見て回りました。午前中に語り部としてご登壇いただいた澤井さんをはじめ、ボランティア解説員の皆さんからエリアごとに補足説明をしてもらうなど、非常に充実した自由見学でした。解説に真剣に耳を傾けるだけでなく、それに対して熱心に質問する学生たちの姿が見られました。

※ 現在、総合政策学部「環境政策」は地域志向科目。環境情報学部「地域社会と環境」は今年度より地域志向科目に移行予定。

全体説明を聞く2学部の学生たち

全体説明を聞く2学部の学生たち

語り部さんの紹介を受ける環境情報学部生

語り部さんの紹介を受ける環境情報学部生

ボランティア解説員に質問中の総合政策学部生

ボランティア解説員に質問中の総合政策学部生