ハートアイランドわたかのプロジェクト三重県HPに掲載(6/19)

総合政策学部の岩崎恭典教授・小林慶太郎教授では、ゼミ活動として取り組む「ハートアイランドわたかのプロジェクト」について、その活動報告を三重県主催のイベントで発表しました。このたび、その内容が三重県ホームページにアップされ、参加学生の発表する様子等が掲載されています。

この活動は、かつては風待ち港や観光地として栄えた志摩市の離島「渡鹿野島」の高齢化、人口減少について調査・提言を行い、実際に学生達がその対策活動に携わったものです。

この活動を、2015年3月19日に開催された「地域づくりイキイキフォーラム in みえ」において、学生自身が発表しました。フォーラムは、地域づくりと人づくりにかかる取組みの成果や課題を共有し、地域を元気にするための方策を考えるもので、当日は約110名が会場であるアスト津に集まり、大変盛況でした。

★ハートアイランドわたかのプロジェクト報告書はコチラ
★三重県ホームページはコチラ