認知症対応型通所施設で介護体験実習(5/15-6/26)

経済学部東村戦略経営ゼミでは、1人1プロジェクト活動・協創ラボ「2つのCIPO(脚注*)人材養成プログラム」を基に、独自の起業型リーダー養成プログラムをシラバスに採り入れています。

昨年度から連携している「認知症対応型通所施設すこやか(施設長 塩井まち子)」様の協力を得て、ゼミ生14名全員が介護体験実習を行いました。実習は2人1組で実施し、期間は5月15日から6月26日までの毎金曜日(計7回)です。

ゼミ生全員が認知症サポーター養成講座を修了し(協力・四日市市健康福祉部介護・高齢福祉課)、さらに、ゼミ授業を通じて身上監護、財産管理、認知症等介護の問題を学んだ上で、この実習に臨みました。しかし、これまで見学はあっても介護実習は初めてです。レクリエーションの時間の運営を任された学生たちでしたが、何とか各班で滞りなく務めることができました。介護実習には、多くの留学生たちも参加しましたが、この実習を通じて介護の現場の実態、認知症への理解等多くを学んだようです。

学生の感想はコチラ

 (*)2つのCIPO
Chief Intellectual Property Officer・知的財産統括責任者
Chief Initial Public Offering・株式新規上場準備統括責任者

 

学生担当のレクリエーション
ダンス、トランプマジック披露
中国語教室
日本の歌を中国語訳で歌う
連想ゲーム
猫ネズミゲーム
カーリングゲーム
歌と罰ゲーム

 

認知症対応型通所介護施設「すこやか」(四日市市生桑町)

認知症対応型通所介護施設「すこやか」(四日市市生桑町)

パフォーマンスダンス、トランプマジックを披露(コウライくん、ギホウくん)

パフォーマンスダンス、トランプマジックを披露(コウライくん、ギホウくん)

連想ゲーム

連想ゲーム

日本の歌を中国語訳で(ハンくん、モウくん)

日本の歌を中国語訳で(ハンくん、モウくん)