「大学生ボランティアの可能性」について地域の皆様と意見交換しました(11/8)

11月8日(日)、四日市市なやプラザにおいて、社会連携センターの樋口晶子課長が、「大学生ボランティアの可能性 (四日市大学の場合)~大学は地域と学生をつなぐために何ができるか~」と題した講演会を行いました。本学のボランティアセンターのしくみや、学生ボランティアの現状と課題について、活動場面の動画も交えながら、市民活動団体の方々にわかりやすくご説明しました。

説明の後は、参加していただいた方々との意見交換に時間を多めに割きました。参加者の皆様の関心はとても高く、「学生がこんな活動をしていたことをこれまで知らなかった。こんな機会をもっとつくってほしい」という意見がきかれました。「市民活動団体に調査して、ボランティアを希望するイベント等の年間スケジュールを作ってはどうか」「毎年全員参加型のイベンㇳを1つ決めたらどうか」など、積極的な提案もいただきました。

現在ボランティアセンターは単発的・入門的なボランティアの紹介をしていますが、より専門的・継続的な活動サークルへの移行や、地域志向授業とのつなぎ役の役割についても考えさせられました。地域にとっても大学にとっても、意義深い会となりました。

20151108bora1

20151108bora2