四日市地域の竹林資源の有効活用をめざした栽培実験が始まりました(5/27)

四日市地域は豊富な竹林資源に恵まれています。しかし、適切に管理されていない竹林放棄の問題や、竹林整備時に発生する間伐材処理の問題など、さまざまな問題が発生しています。その一方で、竹を原料とした竹粉は優良な肥料となることも知られています。竹粉を有効に活用できれば、四日市地域の豊富な竹林資源を活かすことができます。

1人1プロジェクト「四日市地域の竹林間伐材から製造した竹粉肥料施与効果の検証」(代表者:環境情報学部 廣住専任講師)では、四日市地域の竹林で発生する間伐材の有効活用をめざし、竹林間伐材を加工した竹粉肥料が農作物の生育や品質に与える効果を栽培実験で調べています。

2016年5月27日(金)に廣住講師と学生6名で、トマトとトルコギキョウの苗を実験用の鉢に植えつけました。苗を植え付けた鉢は、四日市大学構内の実験用ビニルハウスに設置し、栽培実験を始めました。

20160527_1

20160527_2

20160527_3

20160527_4

20160527_5