エコパートナー交流会で教員・学生が講演(6/26)

平成28年6月26日(日)、神長唯総合政策学部准教授が「平成28年度第1回エコパートナー交流会」(主催:四日市公害と環境未来館)で講演しました。四日市市と本学が締結した、同館の活用に関する連携協定の一環で実現したものです。

今回の講演の趣旨は、本学が実践している地域を「学びの場」とする試みと、四日市公害と環境未来館が地域の「学び場」となる上での課題等について、エコパートナーの皆さんに紹介し、問題意識の共有・提案をはかるものです。

この日の講演には、COC事業の一環で訪れた富山県富山市、岡山県倉敷市水島の現地調査にそれぞれ同行した経験を持つ山岡亜希さん(総合政策学部3年)・花村光さん(環境情報学部2年)の学生2名も参加しました。神長准教授からの質問を受け、現地調査を通じて感じたことなどを発表しました。講演後に設けられた質疑応答の時間にも、フロアから熱心な質問や大学への提案が途切れず、与えられた1時間の講演時間をオーバーして主催者が慌てる一面もあり、盛況裡に終了しました。

四日市公害と環境未来館エコパートナー登録団体から多数が参加

四日市公害と環境未来館エコパートナー登録団体から多数が参加