「エコキッズ夏休み実験講座」近日開催!(四日市公害と環境未来館との連携)

四日市公害と環境未来館との連携協定事業として、今年も「エコキッズ夏休み実験講座」を開催します。本学の専任教員が、夏休み期間を利用して学びに来る子どもたちを対象に、実験講義を行います。

今年は8月20日を皮切りに、下の内容で実施します。特に8月25日の電子顕微鏡を使用する企画では、この実験講座をはじめて四日市大学キャンパスで実施します。詳細はコチラ
 ●8月20日(土)・21日(日)   
   「土はマジシャン!」        廣住豊一環境情報学部専任講師
 ●8月24日(水)      
   「親子de大気汚染を学ぼう!(入門編)」神長唯総合政策学部准教授ほか 
 ●8月25日(木)      
   「☆砂を探せ!」          大八木麻希環境情報学部専任講師

すでに参加者募集は終了していますが、どの講座も人気が高く、多くのお申し込みをいただきました。参加は抽選となり、ご参加いただけない方も出てしまいました。申し訳ない限りです。ふだんは大学生相手に講義をすることが多い担当教員ですが、今回は小学生の皆様に楽しんでいただけるような講義を工夫してお待ちしています。

また、これとは別に、同館主催の「第2回よっかいち水辺のコンテスト(9月22日実施)」では、千葉賢環境情報学部教授がゲストとして参加します。これは9月8日(木)までお申し込みを受け付けておりますので、関心のある方はぜひご検討ください。