ボランティアで演奏活動(8/20)

四日市大学ボランティアセンターでは、学生さんからの申し出によるボランティア活動も募集しています。このたび、障がい者の方を支援する団体であるTOINあーち(東員町)様のご協力を得て、同施設で学生ボランティアによるコンサートを実施しました。演奏者は環境情報学部2年生の岡島知子さんと、高校時代からの友人である西尾みさきさんです。2人は「ShArD(シャード)」というユニットで、時間をみつけて活動をしています。

演奏曲についてあらかじめリクエストを募ったところ、50曲を超えるご希望をいただき、楽しみにしてくださっている様子と、演奏者に対する思いやりに心を打たれました。8月20日の本番では、スタッフを含めて30人もの方にお集まりいただき、おだやかで楽しいひとときでした。

当日は西尾さんがギターを弾きながら明るく透明感のある声で歌い、岡島さんはカホンなど打楽器を演奏。「ドラえもん」「翼をください」「ポニーテールとシュシュ」「Start Line(オリジナル)」「世界にひとつだけの花」の5曲を披露しました。途中、全員が鈴などの楽器で参加する曲もありました。普段から仲の良い2人のなごやかな進行と、参加者の皆さんの温かい応援で、心が穏やかになる気持ちになりました。

この日は、偶然施設メンバーのおひとりの誕生日であったことから、途中で全員で「ハッピーバースデー」を歌ったり、思いがけずアンコールを頂戴し、もう一度「ドラえもん」を演奏したりもしました。短い時間のコンサートでしたが、皆さん全員が、にこやかな表情で、終始聞き入ってくださったことが印象的でした。演奏後はみんなでお菓子をいだたき、話は次回のコンサート実施にまで及びました。貴重な機会を頂戴し、施設の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

DSC_3695edit

DSC_3699

DSC_3703

DSC_3704