広報ブランディングセミナー開催(10/22)

 

20161022date文部科学省COC事業本学採択一般プロジェクト「地域の和菓子資源を活用した地域ブランドの創生」の一環として、「広報ブランディングセミナー」を開催する運びとなりました。

本年は伊勢志摩サミットが開催され、世界的にみえのブランドも高揚、インバウンドへの期待も高まってきています。しかし実情は、三重県への入込客の60%が伊勢志摩、その60%が日帰り、みえのブランドも松阪牛を中心に一部の食のブランドが上位に位置する程度で、全体的には中ぐらいです。県民全体でみえのブランディング高揚を考えていかなければなりません。そのためには、一人ひとりが企業、団体、組織において「みえの顔」であることを自覚し認識したうえで、みえのブランディングにつながる行動姿勢が必要となってきます。成熟社会で少子高齢化した地域社会において、四日市と言えば、明確に答えられる新しい地域ブランド・イメージが益々重要になってきています。

今回、魔法瓶の文化、トレードマークに象印を冠し、ブランドを創り、守り、育てあげた影の功労者であり、演出者ー広報ブランディング研究の第一人者でもある、粟津重光氏をお招きして講演セミナーを開催させていただきます。
BtoB、BtoC、学生の業界企業研究、中小企業経営者、NPOの皆さん、教育、医療介護福祉関係者の皆さん、様々な領域の皆さんにとって、今後の指針となる有益なセミナーと確信しております。

どうぞ、皆さん、お誘いあわせのうえ、お気軽に会場へお越しください。
当日は、広報ブランディングに関するアンケート、和菓子に関するアンケートを取らせていただきます。よろしくお願いいたします。

<プロジェクト推進責任者>
1人1プロジェクト(一般)「地域の和菓子資源を活用した地域ブランドの創生」
主査 東村篤 副査 岩崎祐子

チラシはコチラ