ネパールからの留学生が講話とダンス(10/21)

四日市市生桑台つくし会(会長 江崎隆夫 会員78名)の定例会では、これまで、主に四日市市健康福祉部の出前講座からゲストを招待してこられました。しかし10月定例会では、本学留学生のギミレ・スニタさん(総合政策学部3年)をお招きいただくこととなりました。これは、東村篤経済学部特任教授が協創ラボの連携関係を通じて3者を仲立ちする形で実現したものです。実現には、四日市大学留学生支援センターの協力もありました。
ゲストタイムは、10月21日(金)午後2時15分から60分。定例会場の四日市市生桑台自治会集会場で、開催されました。スニタさんは、「ネパールを知ろう」をテーマに、楽しいお話とダンスを披露して拍手喝采、大盛況でした。

ギミレ・スニタさんの感想→コチラ

司会を務める経済学部東村篤特任教授とゲストのスニタさん

司会を務める経済学部東村篤特任教授とゲストのスニタさん

「ネパールを知ろう」を講話するギミレ・スニタさん

「ネパールを知ろう」を講話するギミレ・スニタさん

ネパールの代表的な歌と舞い

ネパールの代表的な歌と舞い

ネパールの国旗を持って舞う

ネパールの国旗を持って舞う

四日市市生桑台つくし会の皆さん

四日市市生桑台つくし会の皆さん