三重の第一次産業(林業、水産、農業:柑橘)体感ツアー熟議(2/12)

「第一次産業体感ツアー」の報告会が、2月12日(日)三重大学総合研究棟Ⅱメディアホールで開催されました。これは、「COC+で地域を知ろう」をキャッチフレーズに、三重大学が、地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)の一環として、県内の高等教育機関に呼びかけて実施したものです。当日は、本学から経済学部2年三林郁紀君、環境情報学部3年川島潤子さん、経済学部東村篤特任教授が参加しました。

午前の第1部は報告会で、林業、水産、農業の各2班に分かれ学生メンバーから参加しての感想等の発表がありました。発表で、三林君は「経営に関心があるのでその視点で現地を見て体感してきました。農作物によって採算の違い、小規模経営と大規模経営の省力化、コスト意識、組織体制など勉強になりました。」、川島さんは「三重県が南北に170キロもあり、なかなか南紀地区に足を踏み入れる機会がなかった。今回、行ってみて初めて知った事ばかりでした。知る事がいかに大事であるかと言う事」を力説していました。

午後からの第2部では、第一次産業のそれぞれの分野のあり方、提案について「三重をもっと元気に!」をテーマに、6班に分かれて討議しました。教員、企業、自治体、地域おこし協力隊などの方々もグループ討議に加わりました。それぞれの立場、視点の違いから議論白熱、まさに「熟議」に相応しい内容でした。

各班でまとめたものを学生が発表し上位3位まで賞品がありました。本学の川島さんが所属の農業2班が第1位に選ばれました。「これから機会があれば南紀の活性化のために微力ではありますが、貢献して行きたいと思う」と感想を述べてくれました。

今年度の事業は、農林水産地域の魅力発見と6次化への道筋に観光をも含め、地域の担い手としての「三重のファンタジスタ」養成のためのトライアル事業でした。学生たちは、少子高齢化の下での事業承継問題、ブランディングの問題、アグリビジネス問題など様々な切り口から若者なりに熟議を通じて感じ取ってくれました。

運営事務局から各体感ツアーの概要報告

農業柑橘ツアーの感想報告発表(本学生・両端)

農業1班のグループ討議模様(左・三林君)

農業2班が第1位商品受賞(右から2人目・川島さん)