「認知症サポーターキャラバン・メイト南勢地区連絡会」の立ち上げ(6/13)

昨年度、協創ラボ活動の一環として「認知症サポーター養成講座」を四日市川島地区で行いましたが、これが伊勢志摩地区でも立ち上げられることになりました。認知症サポーターキャラバン・メイト南勢地区連絡会が5月15日に発足し、その発進式を6月13日に度会町で開催、会長には本学元特任教授の東村先生が就任しました。

この会は、自治体や関連団体と連携しながら「地域で認知症の患者さんやそのご家族を支援する」仕組み作りを目指しています。7月2日に実施する「高柳の夜店-四日市大学の日-」でも、広報活動を行う予定です。