「広報よっかいち」に本学学生の意見が掲載されました(8/7)

広報よっかいち(8月上旬号)」(p.7) に本学学生2名が掲載されました。この号は「未来に豊かな環境を引き継ぐために~四日市公害裁判判決45周年~」を特集したものです。

登場したのは豊田美波さん(環境情報学部4年生)と、岡田勘汰さん(同学部2年生)です。2人は、地域志向科目である「四日市公害論」などで四日市公害について学ぶ中で、関心を深めたことなどを語っています。

同じページには、森智広四日市市長もコメントを掲載し、この歴史と教訓を受け継ぎ、未来によりよい環境を引き継ぐ使命について述べておられます。