エコキッズ夏休み体験講座「バーチャル・リアリティって、なんだ!?」(8/27)

平成29年8月27日、四日市大学エコキッズ夏休み体験講座が「四日市公害と環境未来館」研修・実習室で開催されました。実験、工作と続き、この夏のラストを飾るエコキッズは初の「体験講座」です。「バーチャル・リアリティって、なんだ!?」と題して行われた同講座はその性質上、中学生・高校生をメインターゲットとするエコキッズ初の試みとなりました。

環境情報学部の前川督雄教授が講師をつとめるバーチャル・リアリティ(仮想現実)について学ぶ本講座に14名が参加しました。前川教授は空間に没入する臨場感を実現するメディアの発展を、体験を交えて解説しました。教室後方には「のび太の部屋」を立体的に再現し、講義での学びを体感できるようにもなっていました。いつもの研修・実習室とはひと味違った講座内容に、参加者も興味津々の様子。比較的難しい内容ながらも、講師の言葉を聞き漏らすまいと集中していました。

今夏の「四日市公害と環境未来館」との連携事業は全3回を無事終了することができました。来年度もさまざまな企画を予定しておりますので、ぜひご参加ください。本年参加いただいた皆様には改めて厚く御礼申し上げます。

バーチャル・リアリティの解説に聞き入る参加者

実際は豊富なスライドを用いて分かりやすく解説されました