『研究室訪問』 永井教授

先生にインタビュー!

Q先生の研究は?

日本の現代文学と、日本文化を研究しています。特に1920年代、1930年代、1940年代の文学者、太宰治、永井荷風、丹羽文雄などについて研究しています。また、その時代の戦争と文学、文化についても研究しています。

 

Qゼミの雰囲気はどうですか?

入門演習Ⅰですが、みんな明るくて元気がいい学生ばかりですので、授業するのがとても楽しいです。たくさんのことを教えてあげたい、知ってほしいと思って、いろいろなことを話していますが、何を話しても反応が良くて、どんどん吸収してくれるという感じなので、やりがいを感じています。それにしてもみんな本当にすごいパワーです。そのパワーに負けないように、こちらもがんばって授業します!

 

Q先生のおすすめの本を教えてください。

学生の皆さんに本だけ薦めるということには、実はあまり気が進みません。くだらない本を読むよりも、例えば、いい映画を見る方がいいからです。でも「おすすめの本」を、ということですので、次の3冊を薦めます。

1.中上健次『千年の愉楽』

2.トルストイ『民話集 人はなんで生きるか』

3.五木寛之『風に吹かれて』

 

ゼミ生にインタビュー!

Q先生どんな人ですか?

先生は優しくて明るいひとです。ゼミの雰囲気はとても楽しいです。先生の教え方は、とてもいいので勉強はとてもわかりやすいです。わからないことがあるとき、困ったときは、先生に聞けばいつでも教えてもらえます。

Qゼミの研究

永井ゼミでは、学校にある図書館での本の借り方からはじまり、日本の現代文学と、日本文化を研究しています。留学生は、日本語の文章とか漢字の読み方の勉強もしています。

 

 

学生情報局員

ラウダリ スレス

パタク サンディプ

 


関連記事

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る