ブックタイトル四日市大学 COC事業ガイド

ページ
13/28

このページは 四日市大学 COC事業ガイド の電子ブックに掲載されている13ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

四日市大学 COC事業ガイド

地×知=未来づくりこども四日市子どもたちが小さなまちをつくり、町の通貨「ヨー」を使って、お店を出し、商品を買い、銀行でお金を貸す。子どもだけの経済活動体験「こども四日市」では、学生たちがサポーターとして参加、疑似的なマクロ経済を体験する。地域企業セミナー2014年からスタートした「地域企業セミナー」では、モノづくり企業や、伝統の地場産業にかかわる企業を訪問。経営者・従業員を交えて濃密なコミュニケーションができる貴重な体験となっている。経済経営特殊講義経営者や経済経営の専門家を招き、講義をしてもらう「経済経営特殊講義」を定期的に開催。生きた経済経営を学ぶ場となっている。地元産業界との緊密な連携が、地域の「人財」を育成する四日市大学のある三重県北勢地域は、伝統産業が息づく一方、モノづくりのメッカでもあります。たとえば消費者ニーズを先取りし、技術革新による高機能製品を百貨店や海外で販売する紡績メーカー、自動車の新車販売、中古車買い取り・販売、リサイクルまで多様な業態の店舗をクロス展開する上場企業など、優良企業も多数集積しています。このような魅力ある地域企業へ、将来の企業を担う人材を輩出することは、COC事業の重点課題でもあります。その実現のための取り組みのひとつが、地域企業と連携し、経営者や従業員の皆さんとのダイレクトなコミュニケーションを通した学びです。「地域企業セミナー」では、地元企業の経営トップを訪問し、理念や事業戦略を聴くことができ、学生には強烈な刺激となります。地場産業の海外戦略や、モノづくり企業の海外進出、インバウンド戦略など高まるグローバルニーズに対応できる人材育成は、ますます重要になりつつあります。就職を控えた学生は、大企業志向が強いことが一般的な傾向です。それに対して、地域企業との連携による学びを体験した四日市大学の学生は、企業の成長性やビジョンなど企業の「規模」ではなく「可能性」を重視し、自分が起業する「夢」を語る傾向がみられます。不透明感が強い日本経済を生き抜くために、企業は自ら学び、チャレンジする精神を持った人材を求めています。ビジネスは厳しく、多くの挫折をはらむものであることを企業人から直接学び、だからこそ夢があることを体感したとき、彼らは自ずと地域が求める「人財」としての資質を備えていくことになるのです。経済学部准教授岡良浩student voice中身で勝負する、優れた企業を見抜く目を養いたい経済学部小島彩花さん地域企業セミナーで訪問した企業の社長さんは熱い方ばかりで、ビジネスに対する情熱がひしひしと伝わり、ただもう圧倒されました。テレビCMで流れるような大企業でなくても、オンリーワンの優れた商品やサービスを開発し、大企業に引けを取らない実力のある企業が地域にもいっぱいあることを知りました。このような機会を生かし、中身で勝負する優れた企業を見抜く目を養うことで、自分の成長につなげたいと思います。13