ブックタイトル四日市大学 COC事業ガイド

ページ
4/28

このページは 四日市大学 COC事業ガイド の電子ブックに掲載されている4ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

四日市大学 COC事業ガイド

四日市大学のCOC事業とは?地(知)の拠点整備事業(Center of Community=COC事業)地元企業地元経済団体学校四日市大学産業と環境の調和を目指す四日市における人材育成と大学改革四日市大学「地/知の拠点運営協議会」※地域の未来づくりを推進する「地×知の拠点」産業支援人材育成環境保全三重県四日市市住民市民団体※四日市大学「地/知の拠点運営協議会」四日市市、三重県、四日市商工会議所、三重県中小企業団体中央会、三重県中小企業家同友会、(株)三重銀総研、四日市北ロータリークラブ、(株)シー・ティー・ワイ、四日市市自治会連合会、みえNPOネットワークセンターなど●産業支援四日市には、「アジア随一のクオリティ産業都市」を目指す、高度な産業構造が形成されつつあります。一方で地場産業も盛んであり、生産量が日本一の「四日市萬古焼の土鍋」や「かぶせ茶」をはじめ、素麺、地酒などが有名です。これらモノづくり企業の現場を学生の学びの場とし、産学連携を通じ、新しい価値の創出を目指します。●環境教育・環境保全活動2015年に誕生した「四日市公害と環境未来館」は、四日市公害の歴史と教訓、環境改善の取り組みや産業の発展と環境保全を両立したまちづくりについて学べる施設で、2014年に四日市大学と連携協定を結んでいます。ここを拠点とした環境教育をはじめ、四日市の自然環境の保全活動を積極的に進めることで、学生にとっては貴重な学びの機会となり、環境への貢献にもつながっています。4