作成者別アーカイブ: coc-yu

2018年8月30日~9月2日、「新潟水俣病・公害スタディツアー」が開催されました。対象は次世代を代表する大学生を中心とするユース世代です。公益財団法人公害地域再生センター(通称「あおぞら財団」。大阪市西淀川区)が企画・運営する、このスタディツアーは環境省委託事業でもあります[環境省平成30 年度ユース世代による公害体験の聞き書き調査業務]。

今回、この新潟水俣病の現場を訪ねるスタディツアーには、全国からユース世代18名が参加しました。聞き書きの訪問先別に4班に分かれ、それぞれ公害(環境)教育に携わる教員と記録スタッフが1名ずつ、指導役としてつきました。本学からは「四日市公害論」や社会調査実習(質的調査)を担当する、総合政策学部の神長唯教授が指導役教員として参加しました。8月28日の事前学習会に始まり、スタディツアー全日程で引率・指導役として携わりました。3泊4日という限られた日程ながら、フィールドワーク等を通して新潟水俣病について現地で学び、最終日には聞き取り調査を行った関係者の方々をお招きしての発表会という場もあります。そのため、連日ほとんど休憩も挟まないまま、朝7時から毎晩21時過ぎまで現地調査やふりかえり作業が続きます。それでも時間が足りず、3日目は学生も教員も日付変更線近くまで粘って発表準備に真剣に取り組みました。

発表会では地域の方々からさまざまな感想や意見が寄せられました。学生たちはそれらをしっかりと受け止め、続く事後報告書のまとめ作業にとりかかっています。現地で闘い続けてきた方々から直接、公害の経験とその教訓、そこに込められた強い思いを聴くことを通し、地域にとっての持続可能性やSDGsへとつなげていくことが今、まさに求められています。

[参考] 前回2010年の「公害地域の今を伝えるスタディツアー」の様子はコチラ

語り部さんの話を聞き、思わず涙する参加者も

フィールドワークで旧昭和電工鹿瀬工場を一望

夜は聞き取った内容のアウトプットと情報共有

膨大な情報を、心に残ったフレーズを元に整理

直前まで発表打ち合わせを自主的に行う学生たち

自分が理解・再構成した内容を皆さんの前で発表

現地を訪れ、人々との出会いがスタディツアーの醍醐味

四日市大学と三重県環境学習情報センターが構成する「冬のエコフェア2018実行委員会」では、環境に関する活動報告をしてくださる高校生の方を募集しています。個人として行う活動だけでなく、クラブ活動や授業を通じた活動など、環境に関わる内容の活動でしたらどんなものでも構いません。当日は、活動の内容に沿って、コンテスト形式での表彰も予定しております。

皆さんの活動を多くの方に知っていただき、来場した地域の方や、環境関係団体の方と意見交換する良い機会です。ぜひ、奮ってご応募ください。

○日  時:2018年12月15日(土) 13時~16時30分
○場  所:四日市大学3号館
○応募資格:環境に関する活動を行う高校生の方(個人・チームを問いません)
○審 査 員 :㈱東産業、環境省中部地方環境事務所、(公財)国際環境技術移転センター、
㈱シー・ティー・ワイ、三重県環境学習情報センター、四日市市、四日市大学(50音順)
○申込窓口:四日市大学 社会連携センター
TEL:059-340-1927       MAIL:renkei@yokkaichi-u.ac.jp

※チラシはコチラ(PDF)

【昨年度の様子】

COC事業としてはじめての企画である「地域連携スポーツフェスタ」を開催します。内容は、本学スポーツクラブに所属する学生による「スポーツ教室」「スポーツ体験」などで、地域の皆様のご参加をお待ちしております。模範試合など、見るだけでも楽しい企画も準備しておりますので、ぜひ、お誘いあわせの上、お越しください。

○日時:2018年12月1日(土) 10時30分~14時30分
○場所:四日市大学
○チラシはコチラ(PDF)

【イベント内容】
 クラブ 内容 募集対象
 硬式野球部 野球教室 小学生
 サッカー部 サッカー教室 小学生
 テニス部 テニス教室 中学生
 ソフトテニス部 テニス教室 中高生
 ゴルフ部 ゴルフ教室 小学生
 アメリカンフットボール部 フラッグフットボールほか どなたでも
 ホッケー部 ホッケー体験 どなたでも
 ご観覧いただくイベント 模範試合(サッカー部) どなたでも
模範試合(テニス部)
本学クラブ学生によるイベント

<お申込窓口> 四日市大学社会連携センター
TEL 059-340-1927 / renkei@yokkaichi-u.ac.jp

 

今年の夏も「四日市公害と環境未来館」と本学の連携事業「四日市大学エコキッズ夏休み講座」が開催されました。同館の開館初年度より毎年、実施しているもので、今年で4年目を迎えました。実験、工作と続き、ラストを飾る体験講座として、2019年8月22日、四日市大学エコキッズ夏休み体験講座「ふしぎな『え?』 錯視の世界へようこそ」が「四日市公害と環境未来館」研修・実習室で開催されました。講師は環境情報学部の前川督雄教授で、小中学生15名とその保護者が参加されました。「錯視」は、NHK特集番組などでも取り上げられるホットトピックであり、多数のお申し込みのため抽選となりました。

前川教授は目の錯覚という身近な例から入り、私たちの目がだまされるとはいったいどういうことか、わかりやすく解説しました。同じ黒の紙を当てればたしかに同じ黒なのに、なぜ色の配置によっては薄く見えたり濃く見えたりするのか。実際にやってみるたびに参加者からは歓声があがりました。奥が深い「錯視」の世界へのいざないの最後は、実際に自分たちでも錯視デザインに挑戦します。保護者をふくめ参加者全員、真剣に色を塗り分けていました。

今夏の「四日市公害と環境未来館」との連携事業は全3回を無事終了することができました。ご参加いただいた皆様には改めて厚く御礼申し上げます。

近年注目される「錯視」の世界へようこそ

保護者も錯視の世界に引き込まれました

次は実際に錯視デザインに挑戦!

皆さん、大変楽しんでいただけたようです

2018年8月21日(火)に四日市大学実験実習棟で平成30年度四日市市教育委員会夏季研修講座(大学連携研修)「土から学ぶ環境保全~身近な環境と簡単な実験教材を活用して」が開催されました。

これは四日市市内の小中学校で理科の教鞭をとられている先生方を対象にしたもので、当日は9名の先生方が受講されました。講師は環境情報学部の廣住豊一専任講師が担当し、学校や自宅にある身近な環境や、手頃な材料で作製した実験器具を、物質循環や食物連鎖を学ぶため教材として活用する方法を紹介しました。講座の前半では、土壌の持つ機能を子供たちに実感させ、自然界の中での物質循環のしくみや環境問題を考えさせるための方法として、ペットボトルを使った簡単な実験装置の作製方法を紹介しました。後半では、この実験装置を、土壌動物を捉えるための装置に改造し、生態系や食物連鎖を学ぶための教材としても使えることを紹介しました。

参加された先生方はどなたも熱心に受講され、「さっそく授業に取り入れたい」という声もありました。

四日市大学実験実習棟での大学連携研修講座

実験装置を紹介する廣住講師

受講された先生方も自分の手で実験装置を作製し,実験内容を確認

改造した実験装置による土壌動物の採取

熱心に土壌動物を探す先生方

 

今年の夏も「四日市公害と環境未来館」と本学の連携事業「四日市大学エコキッズ夏休み講座」が開催されました。同館の開館初年度より毎年、実施しているものです。講座内容を毎回変えつつ、今年で4年目を迎えました。

平成30年8月21日(火)、「土はマジシャン!」(8/13実施)に続き、今夏2番手としてエコキッズ特別工作講座「青空に、飛ばして君もヒコーキ名人!」が開催されました。同講座は総合政策学部の鬼頭浩文教授と神長唯教授が担当しました。さらに、学生スタッフとして総合政策学部生2名と四日市看護医療大学生1名が参加しました。総合政策学部生の一人は、今年度の「四日市公害と環境未来館」インターンでもあります。

昨年の同名の講座からヒコーキも変わり、バージョンアップした今年はこれまで以上の応募が寄せられ、事前抽選の結果、小学1~6年生とその保護者の計57名が、午前と午後の2回に分けて参加しました。

「青空が戻るまでの四日市についても学ぶ」ことが大事です。まずは全員で「四日市公害と環境未来館」の見所を神長教授のガイドによりピンポイントで見学しました。神長教授は、「四日市公害と環境未来館」のボランティア解説員の資格ももっています。その後、研修・実習室に戻り、ウォーミングアップをかねて鬼頭教授が独自に設計した紙飛行機づくりに皆で挑戦しました。小学校低学年にはやや難しい、特殊な折り方を何カ所かする必要もあることから、学生スタッフ3名をそれぞれ一列ずつに割り振りました。担当列を行ったり来たりしてやさしく子どもたちをフォローする学生の努力により、全員がしっかり紙飛行機を折ることが出来ました。続くヒコーキ組み立てでも学生スタッフの奮闘の結果、高度な工作も全員がクリアしました。お次はいよいよ実践です。今年も、市民公園を貸し切って思いっきり飛ばす計画でしたが、台風接近中とあって強風のため午前にかろうじて飛ばせた形となりました。午後は、今にも降り出しそうな天候につき、特別に講座室内での実践となりました。

四日市の青空はどうやって戻ったと思いますか?

親子で学ぶ四日市公害、皆さん真剣に聴いています

学生スタッフのおかげで全員、無事完成!

午前:すばらしい青空なのですが、風が強すぎてなかなか飛ばせず

午後の部:急遽、館内で思いっきりヒコーキを飛ばしました

 

ボランティアセンターでは、年間を通じて多くの学生ボランティア依頼を頂戴します。このたび、陽だまりの丘夏祭り実行委員会からご依頼いただいた活動について、参加学生から感想が寄せられました。この活動は、8月25日(土)に開催された「陽だまりの丘夏祭り」に関するものです。

【参加学生の感想】 平野智也(環境情報学部3年) <写真キャプションも本人による>

今日は待ちに待った「陽だまりの丘夏祭り」でした。
私はボランティアとして、今年で3度目の参加となります。この夏祭りがなければ、8月は終えられない!それくらい楽しくてやり甲斐のある祭りです。前日の準備に参加できなくてとても残念でしたが、会場に着くと、祭りの中心となっている小池さんをはじめ、昨年お世話になった方々に声をかけて迎えてもらい、すごく嬉しかったです。また挨拶が終わった途端、昨年一緒に祭りを楽しんだ子ども達に名前を呼ばれ、引っ張られ、鬼ごっこが始まりました。子ども達のおかげで、祭り開始前にクタクタになりました…笑
1年経っただけなのに、子ども達は大きく成長していて、中には妹が生まれてお姉ちゃんになっていた子もいて驚きました。でも、みんな相変わらず元気でいたずら好きなところは変わってないなって思い、少し安心しました。祭りが始まると、私は綿あめの屋台を担当しました。初めは形を大きくすることも難しかったですが、半ばからはザラメの量などにも凝るようになり、黙々と綿あめを作っていました。また、DJ小池さんのMCの癖が強くて、作業中でしたが、とても面白かったです!
休憩時間の合間に、子ども達と一緒にホタルの屋台に行って折り紙を作ったり、盆踊りを一緒に踊って笑い合ったりなど、連れ回されっぱなしだったけど、とても楽しかったです。
祭り終盤には、ちょくちょく子ども達がちょっかいをかけてきながらも、何とか最後までやり通すことができました。

祭り前の会場

会場前の看板

今年のリストバンド!デザインがイカしてる

祭りの開始

盆踊り

リストバンド3年分?来年は何色かな?

子ども達と一緒に作った折り紙のホタル!

 

四日市大学では「COC事業報告書(平成29年度版)」を発行しました。これは、COC事業採択年度である平成26年度版から毎年度発行しているものです。「社会連携報告書(平成29年度版)」との同時発行で、2冊セットでご覧頂くと本学の社会連携活動の全体像が把握できるように校正されています。

平成29年度は、COC事業最終年度の前年度であり、事業全体の集大成に向けての活動が少しずつ見え始めています。特定プロジェクト研究や学生情報局の本格的始動、冬のエコフェアでの高校生(地域のわかもの)に対する交流の場の提供など、大学の組織的な動きが整ってきていることがわかります。

「COC事業報告書(平成29年度版)」【内容はコチラ(PDF)
「社会連携報告書(平成29年度版)」【内容はコチラ(PDF)

冊子を希望される方には無料でお送り致します。四日市大学社会連携センターまで、電話にてご連絡ください(TEL 059-340-1927)。数に限りがあり、ご希望に沿えないこともありますので、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

今年の夏も「四日市公害と環境未来館」と本学の連携事業「四日市大学エコキッズ夏休み講座」が開催されました。同館の開館初年度より毎年、実施しているものです。講座内容を毎回少しずつ変えつつ、今年で4年目を迎えました。

今年の夏休み講座の第一弾として、平成29年8月13日(月)に同館の活動室において四日市大学エコキッズ夏休み実験講座「土はマジシャン!」を開催しました。講師は環境情報学部の廣住豊一専任講師が務めました。当初、福島県内のみで展開していた復興農学アウトリーチ活動ですが、2016年より初の県外実施として「四日市公害と環境未来館」で開催してきました。これからの環境を考え、行動する次世代を育てるという「四日市公害と環境未来館」が目指す理念とも合致します。今年も非常に人気が高く、多数の応募が寄せられ、抽選となりました。午前と午後の部にそれぞれ小学生とその保護者15組が参加しました。

この実験講座は、土を使った実験を通して、自然のふしぎや環境問題を楽しみながら学ぶことを目的にしています。実験では、ペットボトルで作った実験装置に3種類の土とおがくずをそれぞれ詰めて、土が泥水や色水をきれいにする様子を観察しました。その後、廣住講師から、土が泥水や色水をきれいにする仕組みや、簡単な実験で土と環境の関係について確かめることができることなどの説明がありました。最後に、廣住講師から参加したこどもたち一人ひとりに立派な受講証明書が手渡されました。

分かりやすいイラストで土の性質について学びます

いざ、実験!うまくいくかな~?

一人ひとりに受講証明書が手渡されました