学生ボランティア活動の様子(陽だまりの丘夏祭り)(8/25)

ボランティアセンターでは、年間を通じて多くの学生ボランティア依頼を頂戴します。このたび、陽だまりの丘夏祭り実行委員会からご依頼いただいた活動について、参加学生から感想が寄せられました。この活動は、8月25日(土)に開催された「陽だまりの丘夏祭り」に関するものです。

【参加学生の感想】 平野智也(環境情報学部3年) <写真キャプションも本人による>

今日は待ちに待った「陽だまりの丘夏祭り」でした。
私はボランティアとして、今年で3度目の参加となります。この夏祭りがなければ、8月は終えられない!それくらい楽しくてやり甲斐のある祭りです。前日の準備に参加できなくてとても残念でしたが、会場に着くと、祭りの中心となっている小池さんをはじめ、昨年お世話になった方々に声をかけて迎えてもらい、すごく嬉しかったです。また挨拶が終わった途端、昨年一緒に祭りを楽しんだ子ども達に名前を呼ばれ、引っ張られ、鬼ごっこが始まりました。子ども達のおかげで、祭り開始前にクタクタになりました…笑
1年経っただけなのに、子ども達は大きく成長していて、中には妹が生まれてお姉ちゃんになっていた子もいて驚きました。でも、みんな相変わらず元気でいたずら好きなところは変わってないなって思い、少し安心しました。祭りが始まると、私は綿あめの屋台を担当しました。初めは形を大きくすることも難しかったですが、半ばからはザラメの量などにも凝るようになり、黙々と綿あめを作っていました。また、DJ小池さんのMCの癖が強くて、作業中でしたが、とても面白かったです!
休憩時間の合間に、子ども達と一緒にホタルの屋台に行って折り紙を作ったり、盆踊りを一緒に踊って笑い合ったりなど、連れ回されっぱなしだったけど、とても楽しかったです。
祭り終盤には、ちょくちょく子ども達がちょっかいをかけてきながらも、何とか最後までやり通すことができました。

祭り前の会場

会場前の看板

今年のリストバンド!デザインがイカしてる

祭りの開始

盆踊り

リストバンド3年分?来年は何色かな?

子ども達と一緒に作った折り紙のホタル!