「いずみ文化祭」に今年もバンド演奏(11/4)

11月4日、東員町の福祉施設が実施する「いずみ文化祭」に、今年もボランティア活動としてバンド演奏を行いました。4年前に本学の学生側から申し出て実現して以来、主催者側からお声がけいただいて、後輩に受け継がれて毎年続いているものです。

今回は、「セッション」のユニット名で3名の学生が参加しました。それぞれが自分でギター演奏しながらボーカルを担当する形でした。あいにくの雨のため、屋外演奏の予定を変更してホールでの演奏となりましたが、大変多くの方にお集まりいただきました。まずは平野智也さん(環境情報学部3年生)が、「今日は緊張していますが、楽しい時間にしたい」と挨拶し、auのCMでお馴染みの楽曲「海の声」を披露。平野さんはその後、全体のMCも担当しました。次に坪井早恵さん(環境情報学部2年生)が2曲演奏しました。坪井さんはボランティアでの演奏は初めてで「皆さんの知っている曲がいいと思ったのだけれども、結局、自分の歌いたい曲を選びました」と挨拶。それでも曲に合わせて手拍子が起こり、会場は一体となりました。トリを飾ったのはインドネシア出身のアリオ・ジェッキ・ヘリ・ヌグロホさん(環境情報学部2年生)。名古屋のライブハウスにも出演しているジェッキさんのギター演奏は秀逸で、会場はさらに盛り上がりました。

演奏終了後、施設の方から御礼の花束を贈られ、3人は緊張もすっかり解け、とても嬉しそうに受け取っていました。「もっと練習しておけばよかった」などの発言もありましたので、次の機会に演奏を聴けることもありそうです。ご来場いただいた方々、お世話になった皆様に、心から御礼申し上げます。

トップを切る平野さん

会場いっぱいに集った皆さん

会場の手拍子と一緒に

明るく会場に語りかけるジェッキさん

「来年も…」と挨拶する3名

御礼の花束をいただき笑顔