留学生による外国語学校〜「こども四日市」in 諏訪公園〜(11/3)

11月3日(土)、諏訪公園で開催された「こども四日市」に経済学部と総合政策学部の留学生が学生サポーターとして参加し、外国語学校を運営しました。
子供達に英語、中国語、ベトナム語の簡単な挨拶を教えるだけでなく、短時間で優秀な“先生”に育て上げていました。“先生”になった子供達は、さっそく自分の友達や親を生徒にして、覚えたての外国語を熱心に教えていました。その熱意のおかげで、ここ数年で一番参加者が多い外国学校となりました。また「来年はもう少しレベルをあげてもいいかも」と発言する留学生もおり、参加した学生自身が、すでに今後の展開を考えているようです。