三重県警察本部から二度目の感謝状(2/22)

三重県警の行うボランティア活動「若樫サポーター」での活躍を評価され、平野智也さん(環境情報学部3年生)が、三重県警察本部生活安全部少年課長から感謝状を贈呈されました。昨年度に続き、二度目の贈呈となりました(昨年度の様子はコチラ)。贈呈式は、三重県警から本学にお越しいただき、生活安全本部少年サポートセンター長より本人に手渡されました。

この活動は「少年の立ち直り」、「非行防止・健全育成活動」を目的として、立ち直りを必要とする青少年と一緒に農業活動に参加したり、小学生や幼稚園の子どもたちを対象に非行防止イベントに協力するものです。平野さんはこれらの活動に積極的に参加し、参加回数が多いだけでなく、非行防止イベントの内容を企画したり、活動内容を地域に紹介するなどの広報活動にも貢献したことを評価されました。

平野さんは、ほかにも多くのボランティア活動に参加していますが、「若樫サポーター」はその中でもとりわけ遣り甲斐のある活動のひとつだと言っています。地域の多くの人々と交流し、継続的に参加することで、「人の役に立ちたい」という思いが強くなっているようです。2年生から参加しているこの活動に、来年度も引き続き登録する予定です。「若樫サポーター」の登録は大学生だけしかできないため、いよいよ最終年度の活動となりますが、今後の活躍がますます期待されます。