地域連携フォーラム(3/9)

3月9日、四日市大学COC事業の総括報告会として「第4回地域連携フォーラム」を開催しました。当日は、82人の方にご来場いただき、COC事業の成果報告と今後の事業計画、地域活性化のあり方などについて、講演やパネルディスカッションが行われました。

フォーラムは、岩崎恭典学長の開会挨拶で始まり、続いて松井真理子副学長が「COC事業レポート」を用いて5年間の事業で作ってきた仕組みや活動内容を報告しました。学生活動など写真を多用したパンフレットを用いた説明は、わかりやすいと好評でした。

次に、地域活性化センター理事長の椎川忍氏をお招きし、記念講演「地域活性化に若者と大学が果たす役割」を行いました。「地域と大学とは構造が全く異なるが、異なるものが結合することにより新しいものが生まれる」「日本は成熟社会。その中でカギを握るのが教育」など、これからの地域連携のあり方についてお話しいただきました。

休憩をはさんで、これまでに発行した報告書を用いて、特定プロジェクト研究の報告を行い、続いてパネルディスカッションに入りました。岩崎恭典学長をコーディネーターに、藤井信雄四日市市副市長、西城昭二三重県戦略企画部部長、須藤康夫四日市商工会議所専務理事の3名がパネリストを務められました。本学と共にCOC事業を推進してこられた立場から、地域での大学のあり方や、これからの四日市地域が強みとして生かすべき交通の利便性、客船誘致などについて、貴重なご意見をいただきました。「あるものを生かす」というご意見は、記念講演で椎川氏が述べられた内容とも合致するものです。

COC事業は、補助金事業としては終了しますが、今後も事業を通じて整備した仕組みを継続し、生かしていく考えです。パネルディスカッションの最後に、岩崎学長が「COC事業の『最初の5年』が終わった、と考えている」と挨拶し、地域連携フォーラムは終了しました。

これまでご協力をいただきました多くの皆さまに、心より御礼申し上げます。有難うございました。

COC事業の報告

記念講演(1)

記念講演(2)

特定プロジェクト研究報告

パネルディスカッション(1)

パネルディスカッション(2)

会場の様子(1)

会場の様子(2)

パネル展示